爺ヶ岳・冷尾根−鹿島槍ヶ岳・赤岩尾根 ジャンル
バリエーション
日 程 2005年3月19日(土)〜21日(月) 
〔2泊3日〕
メンバー S/Y(CL・記録)
K宮,S村,I井,Iヤン
計5名
行 程

3/19 大谷原7:40-1971m附近13:50-テンバ(2200m附近)14:50
3/20 テンバ(2200m附近)7:00−爺ヶ岳北峰16:30−冷池山荘17:30
3/21 冷池山荘7:00−高千穂平9:30−赤岩尾根末端11:30−大谷原12:30

3月19日

前夜,22:30にJR南武線・府中本町でI井車にピックアップしてもらう.うまい具合に,K宮,S村さん,S/Yも同じ電車で来た.S村さんによると人によってピックアップの時間が異なると,府中本町に近い分倍河原に車の余り入ってこないロータリーがあり,便利とのこと.中央高速に,国立府中から乗り,豊科で降り,鹿島部落の奥,大谷原を目指す.豊科から降りた後,しばらくは街並みであったが,急にたんぼの畦道みたいな所を走り始め,みんなは心配するが,I井さんは,安心しきったように,ナビまかせに走っていた.雪が,降り始めた頃には,周囲に積雪を見るようになった.すると,車が水田に落ちている光景が目に飛び込んできた.人が,落ちた車の傍に立っているが,助けを求めている様子でもないので走り続ける.爺が岳スキー場の横を抜け,鹿島部落に着く.狩野さん宅の玄関の箱に山行計画書を入れて,さらに大谷原を目指して進む.鹿島槍サンアルピナスキー場と大谷原の奥につながる道の分岐には,工事中のため立ち入り禁止とあるが,無視し,大谷原の林道に続く橋の手前まで行く.既に,3,4張りのテントがあり,数台の車も停車している.テントを張り,中に入り,S/Y「5テンは広いね.」I井さん「荷物,外だから」とたわいのない会話が続く.不思議に酒を誰も飲まないで,シュラフにもぐりこむ.


朝,僕は,大好きなシーフード味のカップヌードルを食べる.装備をまとめ,小冷沢出合を目指そうとするが,K宮が,冷沢の左岸を行くより,今回は右岸を行った方が近いのではないかと言い出す.確かに,ここから見る冷沢の右岸は道路の上に積雪があるような雰囲気である.それに,橋のたもとには以前はゲートがあったのではないかと思われるが,今は開いている.実際に,右岸に沿って進むと,結果的には正解で楽に小冷沢に入った.

小冷沢に入り,ワカン着けて進む.出合から300mぐらいにある堰堤を通り過ごし,さらに進むと,デカイ堰堤に出会う.ここで,高巻きを試みるが,高巻きよりも尾根に乗ろうということで,登行が始まる.高巻きを始めた地点より小冷沢の先の地点に1971mから派生する明確な尾根が降りているが,この尾根の支尾根を登る格好になった.交代でラッセルを続け,いくばくか登った地点で,1971mから延びる尾根が左方向に確認でき,トラバース気味に登り,尾根に乗る.(写真1)ここから,1971mまで,ひたすら,黙々と,急登をラッセルし,登る.


 写真1


右手に,1971mをJPとする西沢方向から上がってくる尾根が見えるが,なかなか,同高度にならない.
やっと登りきった1971m地点は,樹木もまばらとなり,展望もきく.(写真2)

 写真2


左手には,爺が岳・東尾根,右手には,ゴタテの秀峰と言われる鹿島槍につながる赤岩尾根・東尾根等が見える.1971mからはアップダウンのあるコースとなり,2200m地点(これ以上では,テンバに適した場所は多くない.)附近で,風を避けテントを張る.



3月20日

  
写真3,4 テンバにて

翌朝,6時発の予定が7時発となる.原因は4時に誰も起きないからである.緊張感と集中力の欠如と言ってもいい.(でも,僕は反省しない・・・・・・なぜなら,僕は,後悔と反省は死ぬ時にまとめてすることにしている.)テンバから,北稜への乗り移りすべき地点は推測できるが,明瞭ではない.今日は,最初から,ハーネスとアイゼンを着けて,歩き始める.(写真5)


 写真5                        写真6 

膝上までもぐる雪面,雪稜のトラバース,切り立った雪壁の乗り越しが順不同に出てくる.交代で進むが,雪上歩行のデパートみたいなものである.時に,ロープがあるほうがいいのではと思うようなところもあったが,ノーロープで乗り越して行く.(写真6)
だいぶ,冷尾根を詰めたところで,真上のきのこ雪を避けるために,廻り込みを試み,ここで,始めてロープを使用した.(写真7)K宮に確保をたのみ,左から廻り込み,尾根にあがり,ロープの1P使用をここまでとする.


写真7


さらに,詰めて,北稜との雪壁の下に着く.K宮がまず,北稜下まで,左上し,大きな岳樺で,ビレイをとる1P45m.(写真8)


写真8

雪の状態は悪くはないが,十分にはしまってはいない.途中,スノーバーでアンカーを一つ,大きな岳樺手前で小さな樹に2つのプロテクション.次に,S/Yが行って,K宮に確保をたのみ,直上するルンゼぎみの登攀を試みるが,無理であきらめる.クライムダウンし,確保点から,横に見える雪庇の乗り越しのルートを,再度,試みる.確保点からの水平トラバースは,雪壁も急峻となり,下はすっぱりと切れ落ちて,確保のK宮たのみである.K宮から,雪庇の弱点部の指示がくる.雪庇の下に着いて,気がついたのが,スノーバーを忘れてきたことである.「ヤバイなあ.確保点がとれない」と思うが,2本アックスあるからなんとかなるかと思い直し,まずは,セオリー通り,ピッケルで確保し,バイルで適当に雪庇を殴る.思ったより,雪庇は柔らかく,「しめた」と思う.次に,バイルで自己確保を取り直し,今度は,ピッケルで,狙った所を「土方作業」のごとく雪庇の取り壊しにかかる.K宮から壊す方向の指示が飛んでくる.壊しては,登れるかと試行を数度繰り返し,何度か失敗したが,雪庇の廻り込みが,やっとのことでできると(写真9),爺ヶ岳・北稜の雪面に出る.風が一気に強まるが,足下,切れ落ちるように連なる雪稜はゾッとするぐらいきれいだ.


写真9 S/Y、雪庇突破直後!


気を取り直し,雪壁を前進し,多少,不安が残る岳樺,それに,ピッケルを打ち込み,確保点とする2P45m.さらに,ここより上部も,どう見てもロープが必要だ.K宮に,「ロープが必要だ」と言っても,「I井さんが持っていて,順番は最後尾だ」という.「えっー」と思うが,仕方ない.この場合,前進用のギアは後続の一番手が,順次,荷揚げしていかなければならない.理屈としては,K宮が登り,次に僕が,前進用のギアを運んだように,僕の次に来る人間が次の前進用のギアを運ぶ,もちろん,その人間が次のトップができれば,タクティクスがきれいになるのだが,そうはならなくとも良い.必要なのは,ライン前線への前進用のギアの供給だ.K宮が「どうなっているんだ」と叫んでくるが,「悪い」と返事するしかない.I井さんには「ロープは,ここより上で使うかもしれないから」とくらいしか言ってないはずだから,それに,K宮以外のメンバーに,このオペレーションを状況に応じて理解し,行動すると期待してはいけない.情けないがミッション・ミスと言ってよい,その結果は,意味のない時間の消費,時として冬山では致命的になる.K宮が登って来て,(写真10)


写真10 冷尾根から北稜に乗り移った地点.右の雪稜が北稜,左の樹木のある尾根が冷尾根

次に,1Pを最後に登ったI井さんがロープを持って,続けて来た.下には,S村さん,Iヤンが残っている.

今度は,K宮が,目の前の急峻な雪壁を登る.その時に,K宮が,Iヤンに貸したユマールでのトラバース時のことだと思うが「バックアップやっているかなあ」と言う,悪い冗談だ.・・・今となっては,幸運を祈るしかないか・・・.急峻な雪壁を,K宮は派手に雪の塊を落としながら,直上して行き,視界から消えた.そのうち,Iヤンが来て,ロープを運んで来たI井さんは登って行き,S村さんも来た.雪壁の乗り越しは,各自が大変苦労し,たっぷりと雪塊を落としていき,多くの時間を費やした.後での話であるが,Iヤンは,一時「もう,ダメです」と言おうかと思ったそうである.使用ロープ長から,このスパンでは,これ以上ロープは必要ないと判断していた僕は,ビレイ点に最後まで残ることにしたが,散々,雪をかぶり,風が強く寒かった.僕が登る時は,上で確保していたK宮が引き上げるため,僕の体重では,K宮の力まかせの引っ張りにかなうわけもなく,走るように雪壁を上がって行った.3P35mくらい.3Pで核心部を越える.

ロープをたたんで,眼前のピークを越えて,進む.ガスが出て,風雪が強くなってくる.だんだんと雪面の傾斜がややきつくなり,トラバースぎみ個所で下部が切れてきたために,K宮の「ロープ使おうか」で使用に踏み切ったが,使い始めると傾斜が落ちてきた.(写真11)


写真11 山頂目前!

今度は,先頭にたったS/Yが,次のピークを目指すに際して,今,使ったロープをS村さんから受け取り,前に進む.たどり着いた眼の前のピークの向こうを覗くと,もうピークはなく,爺ヶ岳・北峰の頂上だった.

ロープを固定し,後続に合図する.頂上直下は2Pのロープ使用.黒部側は,信州側と異なり,風は強く,積雪量は格段に少ない.時間と疲労度から,稜線でのテント設営も考えたが,冷池山荘まで行こうと,歩を進める.冷乗越を経て冷池山荘まで行く.小屋近くには,テントが数張りあり,冬季小屋にも人がいた.



3月21日

昨夜は,風が強く,フライのバタバタを一晩中,子守り唄のように聞いていた.多少の降雪もあった.朝,テントをたたみ,赤岩尾根からの下降を目指す.強い風の中,テントをたたむ.雪は止んでいる.剣方向は晴れ上がり,鹿島槍では雪煙が舞い上がっている.冷池山荘の屋根まで積もった雪面を通り,(写真12)赤岩尾根方向に,昨日来た登山道を戻る.



写真12 雪に埋まった冷池山荘.風が強いが晴天.剣が映える.背景は雪煙が舞う爺ヶ岳.

冷乗越まで来ると樹木もなく,赤岩尾根の頭が見え,2、3のパーティが下降点を探しているようである.さらに,赤岩尾根の頭まで行くと,先行パーティはすでに,かなり,下降をしていた.トレースは赤岩尾根の頭から尾根通しにいき,尾根が切れる手前から,まっすぐに,左手に見える赤岩尾根の稜線に降りていた.このルートで,夏道やたまにある上部雪壁のトラバースを避けているようであった.すぐ前のパーティが,後向きとなって下降トレースをたどっていたために,前を行っていたK宮のロープ使おうかとのことで,ロープを出し,2P弱ロープを安全のため使い,降りる.あとは,明瞭なトレースをたどり,高千穂平まで下る.雪面はクラストしていなく,滑落の危険もほとんどない.

高千穂平で休止.(写真13)


写真13 赤岩尾根・高千穂平.背景は襞が発達し,雪煙の舞う爺ヶ岳,背景の右の明確な尾根が赤岩尾根.ここからは双耳峰の鹿島槍も美しい.

鹿島槍には雪が多量に付き,稜線には,雪煙が舞い上がっている.爺ヶ岳は発達した襞が見事だ.高千穂平を後にし,アイゼンに付着し始めた雪をきらい,アイゼンをはずし,急登の赤岩尾根を降りた.最後は赤岩尾根の末端までおり,沢中をしばらく通り,林道に上がり,大谷原まで歩いた.大谷原は,風も弱く,もう春だなあとの印象を与える天気であった.(写真14)


写真14

帰途,薬師の湯にS/Yを除いて行ったので,その間,僕は一人で近くの店で,山菜で,ビールを飲んでいた.後は,中央高速で上野原から小仏トンネルまで,渋滞にひかかったが,極端に遅くはならないで帰って来ることができた.

所属する会のある程度の人数との山行はパーティ内の最も弱い人にも,逆に,最も強い人にも,合わせて山に行く必要はないと思う.もし,「合わせる」と考えるのであれば大きな間違いである.山の会に所属するということは,一人や二人では行けない山に行くことに,一つの大きな意味がある.(最も,僕は,単独という言葉も好きだし・・・ロープパートナーとの山行も好きだ.)

例えば,想定ルートを,最も弱いと思われる人が,登ることができない,あるいは,ラッセルを長くはできない場合でも,誰かがロープを張れば登れるし,多少の区間であればラッセルできるのであれば,弱いと言っても,十分なのである.もちろん,安全にそれができないならNGである.困難な個所では,メンバー内の最も強い人が,ロープを張るにしろ,ラッセルにしろ,行い,ルートを開けばよいのである.パーティ総体の力量の結果として,最も強い人もコース全てを全力で行動する必要はなくなる.これらの結果として,パーティの「山」がある.大事なことは,どのような山を対象とし,どのような山行をするかを創ることである.パーティ行動は,この「創る」の表現に過ぎない.それが,「山の会」に所属し,「山に行く」ことだと思う.その基礎は個々のパーソナリティへの理解と信頼にある.―よく教えるとか,教えられるとか,あるいは,上手とか下手とか言うが,役割意味においてみんな同じレベルなのである.―さらに,このような「形」でのパーティの行動結果は事故の回避と高い満足感をもたらすのである.ここを取り違えると絶対ペケだと思う.もちろん,個々には山に登る術を身に付けるための他人が知らない努力と克己心が,常に,求められることは銘じる必要がある.―その行為を「自得」と言い,これの継続を「一生稽古」という.(この表現は薩摩の示現流では意地という,僕の好きな言葉の一つ.)―

同時に,チームワークに基づく山行でのタクティクス,登行時のミッションオペレーションでの役割分担等の構想力,理解力を体で得る必要がある.つまり,力を合わせるということの意味を体で知ることである.山行という実践において,個々人の本当の責務と有為の貢献―本当に理解していなく,理解しているように見える人間がそのへんにもいるが―の意味が理解できない人間とは,僕は,一緒には行動しないだろう.

2005年山行一覧に戻る