頸城山塊・昼闇山/北ア白馬・長走沢 ジャンル
山スキー
日 程 2005年4月29日(金)〜5月1日(日) 
      〔日帰り2本〕
メンバー S木、I井(記録)
計2名
行 程

4月29日 シャルマン火打スキー場〜放山(計画のみ。雨のため中止)

4月30日 焼山温泉5:40 〈シール歩行〉→アケビ平上7:00〜15〈シール歩行&ツボ足〉→昼闇山11301250〈滑降〉→昼闇谷〈滑降〉→焼山温泉1530

5月1日  猿倉7:00 〈シール歩行〉→小日向のコル上部9:50〜10:00〈滑降〉→猿倉10:45

4月29日 雨

前夜、仕事の疲れが残る中出発。妙高SAで仮眠。北陸道へ出ると大雨。シャルマン火打スキー場で様子を見る。雨が断続的に降り、視界もガスのため中止を決定。温泉めぐりに切り替える。

4月30日 昼闇山 晴れ

昼闇山は“ひるくらやま”と読み、1841m。北面はカール状で南アの仙丈ケ岳に似ている。今回はここを滑る。
 焼山温泉より除雪されている林道終点付近より入山。アケビ平は杉林が密生し、まるで迷路のよう。花粉症の方には辛いところだ。この上部で3人パーティに遭遇。すたすた登っていった。僕は体調イマイチで、S木さんに遅れをとる。鼻水が止まらず、どうも風邪をひいたようである。アケビ平からは昼闇谷をシールで登り、途中から急な左岸尾根をツボ足で直登する。それにしても汗だくで暑いこと。周囲の展望はいい。日本海 はじめ、海谷山塊の烏帽子岳・阿弥陀山などの鋭峰や鉾ヶ岳がよく見える。標高は1300〜1500mだが立派な山々でクライミングの要素もあり登り応えもありそうである。道がない山が多いので残雪を利用していつか登って見たい山々だ。



S木さんにかなり遅れて、昼闇山の肩に到着。大休止となる。山頂部を見ると雪が崩れそうで、ブッシュも出ていてやばそうだ。肩より少し上部までシール歩行し、そこより荷を置きツボ足で行けるところまで行く事にする。

途中先行の3名パーティよりアドバイスを受ける。妙高市から来たという地元の彼らは宴会真っ最中。太っ腹な彼らからビールの誘惑を受けたが振り切っていく。結局本当の山頂は崩れた雪を行くか、ブッシュをかなり漕ぐしかないので山頂直下まで来たが断念した。下りもツボ足。S木さんはツボ足の急降下では少々びびっていたようだ。僕は何とも感じなかったので雪上歩行の重要性を感じた。



 先ほどの宴会3人組からビールを薦められるまま飲んでしまった。いつでも来れる山らしく、今回は滑るよりも酒を大量に担ぎ上げていて宴会に力が入っている。何はともあれ感謝である。飲めないS木さんの分も飲む羽目になり、足元が少々ふらつく。肩より山頂部付近にはクマと思われる動物が動くのが確認できた。
滑降は本来もっと山頂直下より滑るはずだったが。雪の状態より肩の上部より滑り降りたのは正解だ。カールの上部は急斜面だが、雪がぐずなので何の心配もない。快適に滑り降り、あっという間に駐車地点に着いた。



5月1日 白馬連峰・長走沢 薄曇り



猿倉より小日向のコルを目指す。
ここより双子尾根を行き、長走沢上部より猿倉へ滑り込む予定。計画では白馬鑓沢を滑降としたが、今日の体調では無理だ。しかも小日向のコルより少し行くともう体が動かない。風邪が悪化したようだ。ここで登りを断念し、猿倉まで滑降する。S木さんすみません。
北アルプスの眺めはすばらしかった。もっと技術・体力を身につけて出直します。


2005年山行一覧に戻る