立山−黒部湖−赤沢岳−扇沢 −黒部湖越え−  
ジャンル
バリエーション
日 程 2005年4月29日(金)〜5月2日(火)〔3泊4日〕 メンバー S/Y(CL,記録),imayan  計2名
行 程

4/29 室堂11:00−一ノ越12:50/13:30−テン場(一ノ越小屋近辺)13:50
4/30 テン場(一ノ越小屋近辺)5:30−雄山6:30ー雄山・東尾根取り付き7:30−ロッジくろよん16:30−テン場(黒部湖駅近辺)19:00
5/1 テン場(黒部湖駅近辺)6:00−赤沢岳・北西尾根取り付き7:40−テン場(1970m)14:30
5/2 テン場(1970m)8:00−赤沢岳14:30/15:30−屏風尾根16:15−屏風尾根下降点18:45−扇沢19:15


4月29日

前夜,府中本町で,ARY,KSY,SMRパーティと待ち合わせ場所,時間がJR武蔵野線・府中本町駅22:30で全く同じとなった.ARM車が先行したが,中央高速・双葉SAで,再度会い,笠ヶ岳に向かうため長野自動車道・松本出口で降りるARM車にクラクションによるコールを送り,一路,扇沢に向かった.車を無料駐車場のなんとか見つけたスキマに入れ,隅にテントを張り,寝る.深夜にもかかわらず車の音や人声で結構にぎやかである.
朝,久しぶりに黒部アルペンルートで室堂に向かう.途中,降り続く雨に気持ちが萎える.室堂は雨とガス.さすがに,すぐに出発する気になれず,imayanを誘って,ホテル立山でコーヒーを飲み,時間を費やす.(写真1)
いくら待っても状況の変化がないので出発する覚悟を呼び起こす.


写真1 ホテル立山にて

雨とガスの中,目と鼻の先の室堂山荘を目指す.道路は,ブルで整備してあって歩きやすい.でも,これが裏目に出る.室堂山荘は僕は確認できなかったが,imayanは確認したようであった.ここで,軽い気になり,整備された道路沿いにドンドン歩くが,そのうち,imayanがおかしいと言い始める.上がるはずの高度がどんどん下がっているのだ。確かに,おかしいと気づき,2人で今どこにいるのだろうと話していると,ちょうど,雪上車が通りかかり,どこに行のかと聞いてくる.行き先を告げるとやはり方向が違うようである.登り口がわかるから,乗っていかないかと誘われ,好意に甘えることにした.迷った地点から近い一ノ越への登り口にはトレースがないということなので,室堂山荘まで,さらに,乗せてもらい,ルートの説明を受ける.
登り始めると聞いたとおり,竹ポールでルートを示している.正確には,あれは竹ではなく,竹さおポールだ.トレースと合わせるとこの視界の悪い霧中でも迷うことはない.一ノ越まで雨と風の中を登る.コルに上がるとモロに強風をあびる.小屋でしばし休まさせてもらったが,意を決して,雄山に向かうも,強風と雨足の強さに負け,後戻りし,テント設営と決める.小屋から雄山方向に上ったすぐ近くに風を避けるように,テントを設営したが,きわめて悪い居住性となった.

4月30日

晴れた.雄山を目指して行動を開始する(写真2).雄山頂上までは一般ルートなのでこの時期はほとんど問題ない.imayanはコース上の氷化した部分に閉口したそうである.途中は雪(雪田というべきか)もあり,人にもよると思うが,個人的には登りやすかった.雄山頂上からは剣,後立山,槍穂高,白山を望むことができる.(写真3)さらに,計画した雄山・東尾根,赤沢岳・北西尾根も目に映る.(写真4)雄山山頂に当日,僕たちより早く登った唯一人が話しかけてきて,早朝の気持ちの悪い話声は僕たちだったことを知ったり,テント設営の話を聞いて,感心し,設定ルートを聞いて,ツワモノだと再度感心していた.

     
写真2 一ノ越から雄山への登高     写真3 雄山山頂にて(槍穂笠ケ岳方面)

写真4 雄山山頂にて(赤沢岳・針ノ木岳方面)

眺望を楽しんだあと,東尾根の下降にはいる.(写真5、6)下降に移るとすぐに強風はやみ,蒸し暑くなる.少しだけトレース跡が残っている.方向は登路である.雄山から下り,東一ノ越からの支尾根とのJPが雷電峰である.雷電峰のピークは,時間稼ぎのため,サル又のカール側を巻いた.このときロープ1P使用.さらに,雷電峰の岩場と雪壁の通過時に,安全のため3P,2Pと距離をおいて使用した.雷電峰を過ぎると,もう雪稜と雪丘である.下部の樹林帯に入るまでに,1P,2P,4P,最後は6Pと場所を変え,ロープをやはり安全のため使用した.なお,ロープは懸垂下降には使用していない.

  
写真5 東尾根下降                                 写真6 東尾根では雷鳥3羽目撃した    

おそらく2200mぐらいのコル気味のところを上部から見ていてスキーヤーが越えていった.僕たちが,その場所にくると,忽然とボードを持った連中が表れ,急にこの辺どこか降りられませんかというので,そこのルンゼをスキーヤーが降りていったよと返答すると,彼ら6人ぐらいは相談を始めていた.その間にも,僕たちは下降を継続.黒部平駅(ロープウエイ)の近傍ではロープウエイの観光客と手を振り合う.(写真7)


写真7 雄山東尾根を黒部湖に向かって下降する

この地点からロッジくろよんのある尾根を下降するつもりが,一本尾根を間違え,隣の尾根に入ったため,再度登り返す.やっとの思いでついたロッジくろよん近辺の雰囲気にimayanは,しきりに感心している.(写真8,9)さらに,ここから黒四ダムまで歩き,関電トロリーバストンネルの登山者出口からでて,赤沢への取り付きの工事用道路を探すが同定できず,テントを黒部川への下降路に張った.

     
写真8 ブナ林に囲まれたロッジくろよん付近            写真9 くろよんにてビールを買出し

5月1日

晴れている.荷物をまとめ,関電トンネルから赤沢にいたると思われる登山者道路より一段高くある道路に行き様子を見るが,積雪状態はいいとは言い難く,工事用道路の同定をあきらめ,黒部川に降りる.通常使っている橋は破損したままである.(写真10)赤沢方向に足を進め,適当なところで左岸に渡り,その後,デカそうなスノーブリッジを右岸にある赤沢方向に,崩れるなと念じ,渡り返す.(写真11)後は,パズルのごとく黒部川の雪の上を歩く.踏み抜き1回,難はなかった.

  
写真10 残念なことに橋は壊れていた・・・          写真11 スノーブリッジ横断

赤沢出会いでも,支尾根に取りつけそうにない.仕方なく,支尾根と主尾根の間の台地に上がる.(写真12)ここでも,登り口がわからないが,台地の左側のルンゼに目をつけ,登ることにした.(写真13)途中からロープを使用.8P終了で,imayanにヤブに入ってもらいロープの使用をやめる.ザックをおき,一息入れようとし,見上げると赤布があり,とりあえずルートファインディングとしてはOK.場所は支尾根にあがったようであった.

  
写真12 支尾根間の台地に到着。ここなら取り付けそう?!   写真13 登高開始

ここから,ヤブこぎと樹林帯の雪田を使った登高を始めた.北西尾根にあがると木登りも含めた登高となった.(写真14、15)1970m近辺で天気予報どおり,雨が降ってきたので,この先2200mを越えないとなだらかな地形はないようなので,テントを設営する.場所は絶好地である.夜のうちに低気圧に伴う前線が過ぎ去ってもらえることを祈る.

  
写真14 やぶこぎの北西尾根にて               写真15 背後には黒部別山がそびえたつ・・・

5月2日

ほとんど雨がやむのを待って出る.2000mぐらいから急登となるが,まだ木登りの世界である.尾根の南東側はほとんど雪がなく,尾根の北西側には,それなりに雪が残っている.2200m手前で樹林帯の雪田に乗り移る際に,かぶっているため,カラミで登り,ロープ固定で再度登り返す.そのあと1Pロープをやはり雪壁を越えるため使用.取り付きのルンゼを除き,北西尾根上でのロープの使用はこれだけ.2200mからは雪の部分をほとんど使って2500mくらいまで登った.imayanが,2400mくらいで,雪を踏み抜き,体ごと反転し滑落.本人の滑落停止と雪質状態に助けられ,事なきを得た.あのまま滑っていたら遥か下に落ちている(写真16).2500mくらいからは,赤沢岳上部の雪壁が立っているように見え,雪質もよくないので,ガレ沢にトラバース.

         
写真16 赤沢岳北西尾根2400mぐらい.背景は黒部別山   

浮石の多いガレ沢をつめ,再度,ハイマツの上に積もった雪田をラッセルし(写真17,18)稜線に出た.出た位置は,頂上すぐ横の稜線であった.imayanを迎えて,赤沢岳山頂に立つ.ここからは,今度は,立山,雄山・東尾根,黒部湖が手に取るように見える.(写真19−21)

     
写真17 赤沢岳頂上直下の登高    写真18 稜線まであと一息!

   写真19 感極まる瞬間!来てヨカッターーー♪           写真20 360°の展望(鹿島槍、白馬方面)

            
            写真21 黒部湖も光り輝いていた・・・

赤沢岳から下降路の屏風尾根を目指してゴタテ主稜線を歩く.5月らしい山並みが360度に展開している.(写真22)


写真22 屏風尾根目指して。前方は針ノ木岳

赤沢岳頂上からは,主稜線から屏風尾根への取り着き地点を確認するばかりでなく,すでに,一度敗退を含めて2度,4月にはこの尾根に来ていた.取りつき点でのマーキングを確認し,アンザイレンし,下降に入る.ロープ6Pで尾根上部を下降した時点で,下降速度をあげるため,コンテニュアスに切り替える.おそらく,まだ1時間以上の下降が続くと思われるが,コンテニュアスに伴うこの下降時間中の集注力の継続が可能とは思えないが,imayanのスキルを信じ,雪質の助けをも借りることにする.下降の尾根場所は,覚えがあり,次の場所も頭に次々に浮び,一気にゴタテの急登をアイゼンを蹴り込みながら下る.
屏風尾根を下り,後は扇沢を目指す.すでに,周囲は暗くなり,imayanはアイゼンが気持ちよく雪面にあたると言っている.扇沢に戻り,長野自動車道,中央道と通り,深夜の東京に舞い戻った.
懐電をつけて扇沢に戻った時に,今は,もうおそらく読まれないと思うフランスの夭折した天才クライマー,ジャン・コストの「岩・氷・ランプ」の一節「良い山行というものは終わったあと充実感があるのではなく,年月とともに満ち足りた感覚として残っていくものである」を思い出した.僕にとってこの黒部湖越えは,このような山行の一つだと思った.

2005年山行一覧に戻る