平標山(ピストン) ジャンル
山スキー
日 程 2005年4月10日(日)
〔日帰り〕
メンバー I井(記録)、S木、S見、
I井R(計4名)
行 程

元橋駐車地点(9:20)〈シール歩行〉→平元新道入口(10:30頃)〈シール歩行〉→平標山の家付近の稜線(13:00頃)〈シール歩行〉→平標山頂(14:05〜25)〈滑降〉→平標山の家(14:25〜14:00)〈滑降、滑走〉→元橋駐車地点(16:10)


4月10日 晴れ 

早朝自宅を出発。途中でS木さんを拾い、前日雪上訓練のS見・Rとは猿ヶ京で待ち合わせ、無事合流。

S木・S見両名はアルペンの山スキー。今井2人はテレマークスキーだ。S見君は今日が本格的山スキーデビューだ。この日にあわせ、山スキー・ビンディング・ブーツ・シールを揃え、さらにウェアまで新調していた。しめて30万円ほどかかったらしい。彼はスキーのクラブにも入っており、滑る技術は抜群。山では果たしてどんな滑りを見せてくれるのだろう。楽しみである。

1時間ほど、林道をシール歩行し、夏は平元新道となる尾根に取り付く。なかなかの急登だ。シールを利かせジグザグにターンを繰り返しながら進む。
S見は初めてなのでうまく登れず戸惑っていたところもあったようだが、S木さんらのアドバイスもあり、次第に慣れてきた様子。

樹林帯を抜け予定より少し遅れて稜線に到着。山頂からは次々と滑り降りてくる。ツボ足の縦走と思われるパーティもいた。

さすがメジャーな谷川連峰である。しかし山頂直下より突然風が強くなる。山頂は強風の中。滑りに備えてウィンドブレーカーを着込んだり、シールを外したりと忙しい。もちろんRカメラマンがいるから記念撮影は外せない。




















さて待望の滑り。ザラメになっており、とても滑りやすい、いい雪だ!あっという間に山の家。ここで山頂の分も含めて大休止。先ほどがうそのように風もない。充実感に皆の顔がほころぶ。

 




下りは登ってきた尾根の脇の斜面を滑る。登りの尾根より幅広く、樹林も薄い。とはいえ快適とまでは言い難い。標高も下がって雪質もいいとはいえない。

S見君は早い早い。あっという間に降りていく。しかし滑りには納得していないようだ。この雪に合ったギアやテクニック、スキーの調整法などをしきりに考えている。S木さんはいつものとおり、黙って、きれいな滑りを披露。Rは狭い樹林の間を抜けるのが厳しいのか、なかなか降りてこない。僕はなんとなく滑っていただけ。これではうまくなれないな・・・。

樹林帯の林道に出てからは平地滑走となり、滑りは終了。

新メンバーも加わり楽しい1日だった。次回はスラブで名高い西ゼンかヤカイ沢を是非滑ってみたい。

2005年山行一覧に戻る