屏風尾根−スバリ岳・針ノ木岳−針ノ木雪渓 ジャンル
山スキー
日 程 2005年5月21日(土)〔日帰り〕 メンバー S/Y (単独・記録)
行 程

扇沢6:00−屏風尾根取り付き7:00/7:30−稜線11:30/12:00−スバリ岳13:00・13:30−針ノ木岳14:15/14:30−針ノ木小屋15:10/15:30−扇沢17:05

職場での若いのとの議論を「ワルイ,帰る」で打ち切って,出る.自宅に帰り,買出しをして,中央高速に乗る.ひとりだと巡航速度は1**Kmを越してしまう.長野道に乗り,多少スピードを落とす.しかしながら,高速を降りたあとの306号線は自動車専用道路なみである.扇沢には,深夜1:30に着.今日は,テントを持っていないので,車に寝る.シュラフにそうそうに潜りこむ.車の台数はそんなには多くはない.
朝,晴れている.あちらこちらで仕度が始まっているがスキーヤーが,相変わらず多いようである.一人,装備をザックにつめ直し,ターミナルビルで水を入れ,扇沢を後にする.もう,道には雪はない.MP3をUSBメモリで聞きながら歩く.古い曲だが,OginomeKeikoの曲が心象に合う.特に,売野雅勇の詩は僕は好きだ.・・・
しばらく,歩くと沢筋に入るが,ここで歩き方がおかしいことに気づく.沢筋には,雪が残っているが,雪面に対する靴の後がMP3の音で聞こえないと歩きづらいようだ.沢筋の道から,大沢小屋が近づくと分かれる.大沢小屋手前の台地にあがり,屏風尾根と丸石尾根を見渡す.一瞬,もう帰ろうかと思う.屏風尾根も下部は雪はほとんどなく,ラビーネンツークぐらいにしか残っていなく,下部はこれらをつないで登高せざるを得ないだろう.丸石尾根も上部も含めて,雪は多く残っていない.特に,下部はルンゼのみだし,大沢小屋近辺では,最後は急斜面で雪は消えている.20mのアプザイレンでは届きそうもない.台地のうえで,30分ほど,ああでもないし,こうでもないしと迷うが,意を決して屏風尾根を登り始める.

想像通り,この尾根の下降はイヤだなと思い始め,足が遅くなる.最悪は,この辺では爺ヶ岳の南尾根が安全な下降路かと思いはじめる.急斜面に残る雪田を2,3度わたり,高度を稼ぎ,尾根が明確になる高度まで上がると雪の量も増えホッとする.この時期の雪だと,潜ることはなく,高度をぐんぐんと稼ぐ.
屏風尾根が高度を上げなくなる中間部は大きな問題はない.上部の尾根がせまってくるが雪がずいぶんと消えたなあと思う.それに,雪のつき方もよくなく,シュルントがアチコチにあるようだ.最後のツメにかかる.遠くから見ると尾根だが,取り付いてみると,受ける感じは雪壁であり,悪い.強引に直上し,見覚えのあるハイマツのところに出る.マーキングが残っていた.

写真1 屏風尾根の上部稜線

稜線からしばらく周囲の景色を楽しむ.見える範囲には,誰もいないし,人声も聞こえない,ゴタテの主稜線には,雪はなく,プラブーツが余計なものに思われる.ズックをザックにいれとければ,履き替えて歩いたことだろう.稜線をスバリ方向に向かう.

写真2 屏風尾根の頭から見る黒部湖とタンボ平

屏風尾根の頭は,赤沢岳−スバリ岳の最低コルより,やや,スバリ岳に近い.このため,スバリ岳方向へは,ずっと,上りになる.雪の消えた縦走路を,黒部からの風もあまりなく,暑いなあと思いつつ歩く.頂上手前では,多少,雪が残っているが,たいした距離ではない.黒部側にあるスバリ岳西尾根を同定しつつ登る.頂上では,一部,雪が残っていたので,水筒に雪を入れ,飲む.ここからは,針の木山頂が望め,人がいるのが見える.

写真3 スバリ岳西尾根

スバリ岳からおり,コルを経て,針ノ木山頂に向かう.この稜線の縦走路にも雪はない.最低コルではスキーヤーが3人いた,最低コルから,一気に頂上まで.さすがに,ここまでくると,針ノ木頂上から下ってくる登山者がいる.どこまで行くのだろう.針ノ木山頂からは,縦走路は,今度は,雪の下になっている.針ノ木小屋までは.
針ノ木小屋まで,雪の斜面をトラバースする.厳冬期には,通りたくないようなルートである.ヤバければ,稜線通しにいくしかないのだろうなあと思いつつ,歩を進め,針ノ木小屋に着く.小屋は営業はしていなかった.
ここから,針ノ木雪渓を下る.時間もいくばくか遅くなったので,スキーヤーはあまり見えない.まっすぐ,雪面を下ろうとするが,クランポンを蹴り込み,足先の部分まで,雪面につけようとすると,プラブーツの中の足の親指と人指し指のつめが靴にあたり,悲鳴を上げているようである.長いように見えても,快調に下ることができ,多くの時間をとられなかった.大沢小屋手前くらいから,見慣れた沢筋の道となり,さらに関電の道路を通らせてもらい,扇沢に帰った.ワンデイ・ハイキングであった.
これで,ここ2ヶ月で屏風尾根は4回である.1度目は途中敗退.2度目は,やっとの思いで稜線まで.3度目は下降に使った.4度目にして,初めて,ピークハントの登路として使うことができた.今回の山行で,今シーズンの雪山を終えることになろう.いくばくかの課題はこなしたが,持ち越した課題もまた多い.もう一度,整理しなおして,新たな展開を考えなければならないのだろう

2005年山行一覧に戻る