高倉山/丑の倉(福島県いわき市) ジャンル
フリークライミング
日 程 2005年5月1日(日)〜3日(火)(2泊3日) メンバー KM谷、A原(記録)計2名
行 程

5/1-2 高倉山 広場エリアで登る 5/3  丑の倉 ハーフドームで登る

GWは福島県いわきツアーに出かけた。柏に引っ越してからいわきにある青葉の岩場に行くようになった。距離は相当あるが、常磐道は渋滞がなく、だいたい2時間きっかりで到着するから快適だ。青葉は今年も数回訪れており、まだ課題はいろいろ残っているが、GWは気分を変えてまだ行ったことのない岩場にしてみた。
5/1-2 高倉山

高倉山は青葉の岩場の近くにあり、岩質も同じ砂岩である。青葉が垂壁中心なのに対し、高倉山は前傾壁も多く、ルートの長さもそこそこある。シーズンは青葉とは反対ということで、だいたい春先から秋口までのようである。地元の人に聞いた話によると、夏場でも染み出しがないらしい(青葉は染み出しがある)。ただ、樹林帯なので蚊が多いとのこと。アプローチはやや長く30分程度あるが、歩きやすい道であまり負担には感じなかった。

5/3 丑の倉

岩と雪の記事を読んでここにも行ってみたいと思った。古くから登られている岩場で花崗岩である。メインのハーフドームは花崗岩のスラブとフェースが主体。クラックも少しだけある。また、まわりにはボルダーも少しあり、ボルダーで訪れる人はけっこういるようであった。

丑の倉のグレードは厳しいと感じたが、花崗岩とはこんなものかもしれない。日頃、人工壁でいかに単純なことをやっているか思い知らされたような気がした。

4月中旬から肩が痛く、全力で登れないのが残念だったが、両岩場とも楽しめる課題はたくさんあった。またいつか行ってみたい。

2005年山行一覧に戻る