北アルプス/
針ノ木岳〜北葛岳〜七倉岳
 

ジャンル
縦走
日 程 2005年8月19日(金)〜21(日)(2泊3日) メンバー K田(記録)他   計?名
行 程

8/19 
扇沢発6:45 − 大沢小屋着8:00 − 雪渓着9:00 − 雪渓上部着10:00
− 針ノ木小屋着11:37− 針ノ木岳着13:00

8/20 
針ノ木小屋発6:40 − 蓮華岳着8:00 − 北葛岳着10:30 − 七倉岳着12:50
− 船窪小屋着13:50

8/21 
船窪小屋発6:45 − 鼻突八合目着7:55 − 唐沢ノゾキ着9:00 − 七倉温泉着9:55


8/19(金) 晴れのち曇り

前夜23時54分、新宿駅発のムーンライト信州で信濃大町まで行き、タクシーで扇沢へ向かう。途中でタクシーの運転手が「ここ数日、天気が悪かったが、今日は餓鬼のコブが見えるので天気が回復してくるでしょう。」と言っていた。扇沢に着くと、トロリーバスのきっぷ売り場に60〜70人の人が並んでいた。扇沢から左側の林道に入る。夜に雨が降ったためか道は湿っていたが、ひんやりして涼しかった。車道と3回程合流した後、雪渓の看板のある開けた場所にでる。そこから沢を3回横切ると大沢小屋に着く。小屋から45分程歩き雪渓に着く。雪渓の上部の方は途中で通行止めになっており、急な登りの巻き道になる。土止めの丸太を上り、赤い砂地の斜面を越えると針ノ木小屋に着いた。小屋に荷物を置き、山頂に向かう。13時、針ノ木岳山頂着。全体的に雲が多かったが、時折晴れて黒部湖やスバリ岳が見えた。山頂には自分たちの他に、中年の夫婦と単独の男性がいた。小屋に戻りビールで乾杯し、しばらくすると食事の時間になった。


8/20(土)晴れ

 朝4時に起床。空はまだ暗いが天気は良さそうなので写真撮影しようと思い、再び針ノ木岳山頂を目指す。しかし、体調不良でペースが上がらない。途中で次第に東の空が明るくなり始めたので、山頂まで行くのを断念する。しばらくすると、蓮華岳の脇から日が出てきた。

呆然と薄明るい空がオレンジ色に染まっていく景色を眺めた後、小屋へ戻った。朝食をとった後、蓮華岳へ向かう。蓮華岳に行く途中であちらこちらにコマクサが見られたが、時期が遅いためかほとんどしおれている。蓮華岳山頂に着くと、周辺の山々にもだいぶガスがかかってきた。蓮華岳から北葛岳方面へは蓮華の大下りと言われている道を下っていく。最初はガレ場の下りで、その後、急な岩場の下りとなり、道はあまりよくない。北葛乗越からは、いくつかの小さなピークを越え、高度を上げて行き、北葛岳に着く。針ノ木小屋で頼んだ弁当(おにぎり2個と漬物)を食べ、七倉岳へ向かう。七倉岳への道は途中で一部崩壊してヤセ尾根になっていた。七倉岳に着くとガスも晴れ、立山、水晶岳、燕岳等の山々が見渡せた。
七倉岳山頂からは小屋に近づくと、小屋の人が鐘を鳴らして出迎えてくれた。小屋には自分たちの他に50代半ばの夫婦(針ノ木小屋から一緒)2名しか宿泊客がいなかった。船窪小屋では、17時過ぎから夕食になったが、食べきれない程の料理が出た。しばらくして、小屋で働いているネパール人の方がネパールティーをいれてくれると言われ、集まると小屋主が挨拶をした。小屋を始めてから52年続いており、当初はもっと下の水場の近くにあったとの事だった。その後、囲炉裏を囲んでネパールの歌や竹笛の伴奏のサービスがあり、19時半頃まで続いた。


8/21(日)晴れのち曇り

 朝4時40分に起き日の出を見ようと表へ出る。薄っすらと、立山、剣岳、烏帽子岳等が見えるが上空に分厚い雲がかかっている。東の空は晴れており5時5分頃、日が昇り始めた。朝日で烏帽子周辺の山々がやや赤く染まっていった。しばらくすると、西の山の上に虹がかかった。幻想的な風景に見て、何となく得をした気分になった。6時45分頃に小屋を出て七倉温泉方面へ向かう。小屋から10分位は、高山植物が多く咲くなだらかな道が続き、その先、天狗の庭までは展望が良い。その後、林道に入ると急な下りになり、所々にハシゴも出てくる。途中で2回休憩し、七倉温泉に着く。七倉山荘で温泉に入り、大町温泉郷に向かった。

2005年山行一覧に戻る