上信越/釜川右俣 ジャンル
沢登り
日 程 2005年9月17日(土)〜19日(月) (2泊3日)   メンバー W林、S見、I井T(記)、I井R(計4名)         
行 程 9/17 林道終点駐車P(12:00)-取水口・入渓点(12:20)−入渓点上部(12:50)〈泊〉

9/18 宿泊地(7:30)−二俣(8:30)−三ツ釜大滝下(11:50〜12:00)−清水沢出合下滝下(16:30)-高巻点上(トップ到着17:00全員到着19:30)〈山中ビバーク〉

9/19 ビバ-クP(6:30)−清水沢出合上(7:35)−林道横断地点・遡行終了(10:45〜11:50)−林道終点駐車P(15:00)

釜川右俣は5年ほど前に7名で計画・実施したが取り付き点を間違え取水口の下から入渓した結果、時間不足となり、二俣に荷を置き三つ釜大滝を往復のみに終わった。今回は当時のメンバー2名に新メンバー2名で実施。さて今度こそ完全遡行したい。ライフジャケット・ウェットスーツ(ショートタイプ)も新規に購入した。



9月17日(土) 晴れ


夜勤明けが1名おり、朝の出発。心配した渋滞もさほどではなく午前中に林道終点ゲートに到着。今日は取水口付近まで。歩くのはわずか。取水口へ下る林道は前回と違い、草ボーボーで荒れ果てていた。渓流シューズに履き替え少し進むと5年前に泊まった場所に出た。前回広かった川原は水流に覆われ今回の水量が多いことをうかがわせる。時間も十分すぎるほどある。まず巨木が幕場適地を占領していたので全員でこれを除去。2張り分のスペースを確保する。その後は焚き火の用意。流木が大量にあり、難なく薪集めが出来る。この日は盛大な焚き火で盛り上がった。

 

 




9月18日(日) 晴れ午後曇り


早めに出発したかったのだが、7時半になってしまった。準備の間、1パーティに抜かれてしまう。今日は巨岩地帯の通過から始まる。水量多い関係で二俣まで1時間ほどを要した。
 いよいよ右俣に入ると4mCS滝。早速釜の泳ぎ。水量多いためか、釜といっても川と一体化していて前回のように釜の形をしていない。Wさんが早速泳いで、右壁に取り付く。ザイルを引いて後続を確保する。右壁は最後の下り気味のトラバースが悪い。Rはかなり苦労する。
その後も釜を持った4、5m滝が2〜3所続くが、脇を登ったり巻いたりしながら進んでいく。そして次の核心とも言うべき箇所にぶつかる。ここは足場も悪く流れも速いが対岸に渡らないと突破できない。でも重荷ではきつい。軽身で飛び込んで渡り、3mほど壁を攀じる(トップW林)。ザックを一つづつ引き上げる。最初のひとつは壁に引っかかったが、後はザックの取り付け箇所を調整したのでうまくいった。

 

続いて5m滝。釜を泳ぐかへつるかして取り付く。その滝は階段状と書いてあるが、最初の1歩が悪い。I井が軽身で登り、後続確保。ビレイポイントが無いのでハーケンを打つ。その後は川原状となり一息。日差しがあって気持ちよいところで1本を取った。
 川原のあとは長いトロが待ち構えていた。前回よりも長くなっている。途中の浅瀬まで何とか進み、その後はS見がトップで泳ぎ、ロープを引いていく。後続はそのロープに捕まったり、引いてもらったりして無事突破。
その後は最大のビューポイント、三ツ釜までわずかであるが、なかなか思うように進まない。何度かお助けロープを出して慎重に進む。

   


 眼前に三ツ釜大滝の絶景が広がった。前回よりも水量多く見事である。初めての2人は大感激!S見は釜に入って泳ぎまくり、Rは写真を撮りまくっていた。私は滝をひたすら見つめ、それぞれ喜びを全身で表現。Wさんだけはロープを出し黙々とスラブ登りの準備をしていた。



 

 
                     

 滝の右脇のリッジスラブは難しくなく、その後はブッシュ帯に入る。ヤド沢が入ってくるがそこを渡り、スラブを下って滝上の沢へ戻る。上から見た三ツ釜も見事である。上部はひたすら明るい、幅広のナメが続く。少し傾斜がある部分もあるが、全体的にはここも気持ちよく登れる。


 

 川原状の部分を過ぎるとスラブの谷川的明るさから奥秩父的に少し暗くなり、6m、8m、12mの滝などが現れる。ルンゼ登攀でザック引き上げ、釜の泳ぎや浸かり、高巻きなどで突破。



シラヒゲソウ


 清水沢出合も近くなり、すぐ手前の15m滝下に出る。すでに16時を回っていた。滝下には15mのトロを泳いでいく。滝は直登は無理そうなので、右岸の手前の急なルンゼに入り、巻くことにする。一方左岸側にはトロの手前から大高巻きするルートもあったようであるが、引き返して登り直すのも大変そうなのでI井がロープをつけ、ザックを置き、軽身で行く。ところがこれがとんでもなかったのである。 

まずはボロボロの岩、ホールドはあるがすぐ取れる。落石が落ちてしまい危険なことこの上ない。何とかここを通り抜けるとはるか上にブッシュがあるが、当分草付・泥壁の急斜面、岩がすぐ迫っており、アイスハンマーも効かない。もう降りるに降りられない。足場はなく、ホールドもない、とっても滑りやすい以上だ!気力でここを抜けると頼りないブッシュ2本あり、何とかランニングを2回とる。左側に逃げ、少し太いブッシュにビレイを取った。ロープ30mでぎりぎり。手足はすでにパンパン。固定ロープにして後続を待つ。プルージックでザックを背負ったS見・W林が登ってくるが、足がつるつる滑っているのがわかる。腕の力のみで登っているので負担も相当かかっているようだ。I井が懸垂下降で降り、ザックを取りにいく。そのI井、プルージックでザックを背負って登り返すが、先ほどと違いブッシュの下で数回滑ってしまい、自力のみで登るのが厳しくなってしまった。何とかお助けロープで引き上げてもらい、登りきる。Rは結局落石の降るルンゼの中で2時間半近く待たされてしまった。3名全員の力で引き上げることにする。掛け声かける。すでにあたりは真っ暗。ヘッドライトの世界である。無事全員到着、怪我もなくほっとする。
今夜はこの付近でビバークする以外にない。S見が登りきったあと上部を偵察に行って、ビバークポイントの候補をいくつか見ていた。一番安全快適そうなところに決める。といっても傾斜地ではあるが・・・。水場も見つかり、まずはよかった。泊り場にはザイルを張ってザックを置き銀マットを敷いた。体をビレイしなくても済みそうだ。
米を炊くのは無理で何か食べ物はないかな・・・と各自ザックをさぐると、酒につまみとこれがまた結構出てくるものである。曇っていて寒くなく、雨も降らなかったのは幸い。フライだけ用意したが被らず、全員シュラフカバーだけで寝る。




9月19日(月) 曇り一時霧雨


朝、ビバーク地点を片付け、早速出発。ヤブのなかコンパス頼みで進む。高巻きなのでトラバース気味に進むが、豪雪地帯の藪は横向きに生えており、進むのが困難である。沢(スラブ帯)を2つ横断すると清水沢に出るようなのでそこから下降。結局は清水沢の出合にかかる滝の上に出たが脇の斜面を下るとようやく釜川本流へ降り立った。


4時間にも及ぶ高巻き終了!


ここで1本。朝食を作ろうと言う意見もあったが、時間がかかるのでまだゴルジュ等があるのでそこをぬけた林道横断点で、ということになり、行動食で済ます。
今日は陽が射さないので、あまり浸かりたくないが、やはりゴルジュとトロが次々に出現する。巻けない所は昨日同様S見トップでロープを引き泳ぐ。Wさんがザイルを持っていたのだが、しまったとたんトロが出現するのだ。水量の少ない時はこんなに泳がなくてもいいのではないだろうか。ゴルジュの最後はノーザイルで各自飛び込んで対岸へ移る。

     

正面は12m二条滝。直登できそうもなくどこから登るのだろう?また変なルンゼからの高巻きじゃないだろうな。などと心配していたが、あっさり左側の巻きが見つかり越えていく。巻き道は途中から滝の上部にも降ているように見えたが、水流強いので安全を期してさらにブッシュ帯を登り、懸垂下降で沢に下りた。



このあとは大きな釜を持ったきれいなナメ床が続いていた。陽が射せば美しさは絶品だったであろう。ナメのあとは川原歩き。黙々と歩く。目の前に白いガードレールの杭が落ちていると思って前方を見上げると林道に架かる橋が見える。1本取り、ガス・コッヘルを出し、朝食のペンネの用意。沢登りもここで打ち切ることにした。




朝食の後、靴を履き替え沢道具を片付ける。後は長い林道歩き。林道では一面に咲き乱れたウメバチソウの大群落。
Rが「こんなに群生するのはじめてみた!」と興奮気味。
ちなみに帰りに寄った麓の温泉で一鉢1000円で売られていた・・・(^^;

 
 たわわに咲き乱れるウメバチソウ                道路側面にもびっしり!


林道もたいそう立派で経費がかかっていると感じるが通行止め。有効活用されているのかと思いながらゆったりと登っていく。途中から下降にはいり、行く予定だった小松原湿原の登山道と合流。周囲は立派なブナ林。ゆったりしたその風景は東北の船形山・森吉山を彷彿とさせる。どちらの山もブナは立派だったが、林道開発の影響がはなはだしい。ここもそうなってしまうのであろうか。
長い林道歩きの果てにようやく駐車地点にたどり着いた。ビバークもあり、大変だったが、無事帰って来れて本当によかった。まずはめでたし!






追記:帰り道、十日町(旧中里村)にて、偶然見つけた温泉「ゆくら妻有」(http//www.nakasato-21.com)に寄った。
500円とお手頃価格で、規模はそれ程大きくないが、キレイで、無料ロッカー・ドライヤーなど必要なものはすべて整っており、地元のおばちゃん達の憩いの場となっていた。地元の野菜がいろいろ売られており、まるまる太ったミョウガが10個位入って100円!ルンルン気分で購入。冷奴にたっぷりのっけていただいた(^。^)♪



2005年山行一覧に戻る