湯河原幕岩/正面壁 ジャンル
フリークライミング
日 程 2005年12月3日(日帰り) メンバー

O野、O野Y、K林、N村(記)、N村Y(計5名)

行 程 下記参照


 岩場に11時ごろ着いて、アップでまず大ハング右凹角ルート(5.9)を登る。樵ハング1P目(5.8、ハンドクラック)、No.1ルート(5.10a、フィンガークラック)と、クラック・クライミングの入門メニューを考えていたが、お昼すぎから雨が降り出したため中止。O野車に5人乗り合わせて、鶴見のビックロックへ転進した。ひさびさに、わたぐもの仲間と登ることができてよかった。

■おすすめルートガイド:大ハング右凹角ルート(5.9、NP)/「大ハング」は大げさで、ほんの数十センチ岩がかぶさっただけのチビハング。以前あった残置ピトンとボルトはきれいに撤去されていて、完全にカム・ナッツのプロテクションだけで登るルートに再生されていた。ジャミングはほぼ不要だが、ナチュプロのセット練習として登りたい。ちなみにハング部分では、黄エイリアン、ストッパー8番あたりを使用。慣れない人ならきっと恐いでしょう。樵ハング1P目(5.8)、左凹角ルート(5.10b/c)などと組み合わせてどうぞ。湯河原幕岩でもナチュプロの練習ができるなんてすばらしい。


2005年山行一覧に戻る