谷川岳/西黒尾根(雪洞掘り) ジャンル
雪山
日程 2006年3月4〜5日(1泊2日) メンバー S木,K谷,E崎,W林(記),(途中助っ人Y野)(計4+1名)
行程 下記参照

3月4日(土)晴れ

 練馬区役所前でS木車に拾われて練馬ICから関越に入る。しばらく走るとノロノロ運転になり、時には停止することも。どうも渋滞のようである。関越の自動車道はいつも夜中に走るので、渋滞を考えたことも無い。内心この調子だと何時ごろの到着になるのだろうと心配になる。ヘッドランプをつけながらの雪洞堀は避けたいものである。ところが徐々に空いてきて高崎あたりから車が急に少なくなりE崎ドライバーがスピードを上げる。(あの沢山の車は何処に消えたのであろうか?)ほぼ予定通り12時過ぎに土合の駐車場に着く。準備をして歩き始めると土合口の雰囲気が何か違うなと感じたが、元のケーブルカー乗り場の建物が無くなっていた(下山してから気がつく。)。登山研修所の横から取り付いて鉄塔を目指す。ワカンが必要と思ったが雪が締まっていて潜ることはない。ただ、踏み後を外すとひざまで潜る。一汗かいたころに鉄塔に着く。雪洞を掘っているパーティがいた。鉄塔を越えるとさらに雪は締まり斜度も緩くなりペースが上がる。しかし、斜度のあるところはキックステップでもなかなかステップが切れない。早朝だとアイゼンが欲しくなるかも。鉄塔から20分余り歩いて雪洞を掘る場所を探す。今年は雪が多いのか雪庇が大きい。雪庇の張り出していない尾根の側面を選んで、ピッケルで大体の大きさを書いて左右から堀にかかる。掘り始めはスコップでも何とかなったが、その内スコップでは歯が立たなくなる。効率は悪いが鋸やピッケルで削って掘る。記憶では以前も今回の近くで掘ったがやはり硬かった。しかし前回はピッケルを使うところまではいかなかった。とにかくピッケルで必死に削っていくしかない。途中で西黒尾根を下ってきたY野さんも手伝ってくれてだんだん奥が広がっていく。幸い天候がよく風も無いので救われる。ほぼ完成したところでY野さんは明日の講習会のために降りていった。結局4人用の雪洞を掘るのに3時間半かかった。苦労しただけに中は快適であった。湿っぽさが無く、天井から水滴が落ちてくることもない。
 さて、夕食は楽しみにしていたおでんである。でも準備はいたって簡単である。5人用のコッヘル2つにそれぞれだし汁付きのすでに煮込んであるおでんを入れて、そこに水と具を足して煮込む。ジャガイモは煮崩れしないように少し皮付きを丸ごと入れる。大根も厚めに切って入れる。沸騰してきたところで火を弱め後はじっくり煮るだけ。この日のために用意してきたお燗用の器に日本酒を注いで温める。おでん屋のおじさんが鍋の横に引っ掛けて酒を温めているあのアルミの器である。S木さんはすっかり気にいって酒が進む。僕も久しぶりの日本酒が美味い。おでんも時間が経つにつれて美味しくなる。特に丸ごとジャガイモは甘みがあってとても美味しい。大根もよく味がしみていい味である。余り聞く機会のないK谷さんの美しい歌声も聞こえて楽しい時は過ぎて行く。何時しか時計は0時を回っていた。


雪洞の棚に置いたコッヘルがおでんの温かさで潜っていた。


3月5日(日)晴れ

 翌朝起きてみるとまったく天井は下がってきていない。これも昨日苦労して硬い雪を掘った結果である。食欲は無いが昨夜の沢山あまったおでんを皆で分けて何とか食べ切る。ホテルわたぐも(雪洞)の前で記念撮影をして天候もいいので少し登ることにする。


雪洞の前で撮影

男共は調子が悪そうであるが登れば汗をかくので身体にはいい。下山してくる何人かの登山者とすれ違う。西黒尾根往復にしては早いので昨日は肩の小屋に泊まったのかもしれない。40分ほど歩いて広い平坦な場所まで来ると天神平スキー場や北側には白ケ門、笠、朝日岳が真っ白に輝いている。三山をバックに写真を撮って引き返す。


左から笠・朝日・白ヶ門をバックに撮影

鉄塔から下って行くとあちらこちらで講習会を実施している。近くを通過した際に見ると年配者が多く、講師もかなり年配者に見えた。余りにも天候がよく気持ちがいいので、少し名残惜しい気もしたが12時前には土合口を後にする。


西黒尾根から谷川岳を望む。

2006年山行一覧に戻る