南ア前衛/櫛形山

■日程:2006年7月30日(日帰り)
■ジャンル:ハイキング
■メンバー名:N村J・Y(計2名)
■行程:池ノ茶屋林道終点―櫛形山(奥仙重)―裸山―原生林コース―アヤメ平―櫛形山―池ノ茶屋林道終点 ※歩行約4時間



■山行記録:

アヤメの花を見る目的で行ってきた。
前週は増穂町主催のアヤメ祭だったので、まだ咲き残っているかと思ったが、残念ながらアヤメは完全に終わってしまっていた。
代わりに、クガイソウ、ナデシコ、ヤナギランが多く見られた。
花は少なかったが、中仙重あたりの原生林はいい雰囲気だった。
特にカラマツの太い幹が何本も合わさって、根元が肥大したりねじ曲がったような古木は珍しいものだった。
南アや北八ツなどの純粋な針葉樹林帯では、こういうカラマツは見られないだろう。
池ノ茶屋林道では熊が出没しているようで、登山口と休憩所に警告の貼り紙がしてあった。
熊は鼻がきくそうなので、テントで仮泊するときなど、食料は外に出さないほうがいいと思う(テント内でも危険)。
6月は林道上で、7月には源氏山方面で目撃されたとのこと。



写真1:原生林の登山道(奥仙重手前)


写真2:カラマツの古木、推定樹齢300年とのこと


写真3:熊の皮剥ぎと爪跡だと思うのだが−?


2006年山行一覧に戻る