小川山(姉岩)/奥秩父   

■日程:2006年8月26日
■ジャンル:フリークライミング
■メンバー名:N村H、N村Y(計2名)


■山行記録:

小川山に行っても、登れるルートはだいたい登りつくしたし、自分のレベル以上のルートにトライする準備(つまりトレーニング)はできていない。という変な悩みを抱えつつ、小川山に向かった。要するにモチベーション欠乏症だろう。
気持ちよく登れればと思い、5.10ルートが多い姉岩に行った。この岩場は、5.10がとても多くて5.11が少なく、5.12以上は全くないという、リハビリ向きの岩場である。
前夜、激しい雨が降って、たいていの岩場がぬれていたが、ここ(姉岩最上部)は乾いていた。だれもいない岩場を2人で占拠して、ゆっくり登ることができた。5.10以下クライマーが楽しめる穴場といえるかもしれない。

■登ったルートガイド(☆=おすすめ):

僕の場所(5.9☆)/リッジの両側にホールドを選びつつ、体の振りを生かして登るムーブがおもしろい。出だしのノープロ部分と中間部のランナウトでちょっと緊張するかも。

ギミー・モアー(5.10a)/難しいのはワンポイントだけ。もろい部分が残っているので、ホールドを確かめながら登らなくてはならない。

なんとなくホゲホゲ(5.10c☆)/これも核心は2手ほどで短く、小カチで思い切って行けばすぐ終わる。フットホールドの選び方がポイントだと思う。感覚的には5.10a〜bぐらい。

宮崎ハング(5.10c、NP)/クラックは浮き石があり草が生えている。ギアを多めに持って、アルパインルートの練習と思って登ったほうがいいかもしれない。

小塚ダイレクト1P目(5.10b☆)/下に一段下りたところから取り付く。前夜の雨で少しぬれていたが、快適なカチ・ガバルート。やはりもろい部分があるので注意。


〔写真:「なんとなくホゲホゲ」をOSするN村Y〕


2006年山行一覧に戻る