奥多摩鷹巣山

4月12日(日)

コース:東日原〜稲村岩尾根〜鷹巣山〜石尾根〜奥多摩駅

F井単独

先週の北八ッでくだりの時に膝にいささか不安があったので、今回調整を兼ね長い距離を歩いてみようと一人で奥多摩まで行った来た。
距離が長いので朝早く家を出て奥多摩の駅まで。8時30分東日原行きバスに乗る、バスは満員、でもほとんどの人は川乗橋で降りてしまってあとはゆっくりと座れる。
9時東日原スタート。今日は天気もよくとてもよく暖かい。やはりもう4月なのだ、途中でTシャツ一枚になっても汗が出るほどの陽気だ。
稲村岩9時45分着 順調に進む。今まで稲村岩の上まで行った事がなかったので登ってみる。前方には天目山方面後ろには六ッ石方面が見える。
木が邪魔をしてあまりいい展望ではない。
ここからの登りは疎林の中の道で好きな道である。以前の印象ではゆっくりした登りのような気がしていたが、そこそこ急登である。
まだ木々は新緑にはまだ早く、芽吹きもない。あちこちに生えている山桜も花が開くまであと2週間はかかるだろう。
この登りで2時間、12時前には山頂に到着、前に来たときもそうだったがヒルメイクイノダワから先に解け残りの雪があった。
この前のときは直前に雪が降りそれが残っているのかと思ったが、ここは冬の雪が例年溶け残る場所のようだ。急な斜面が雪とぬかるみでとても登り難い。

     気持ちのいい尾根       鷹巣山山頂

やっと山頂、ここには15名くらいの登山者がいた、結構登っている人が多いのだな。
ここで昼食にする。ゆっくりと食事を済ませ出発。12時30分出発、5時くらいには奥多摩駅に着けるだろうと歩き出す。鷹巣山から水根への分岐までのくだりが結構きつい。
膝の調子をみながら慎重に下る。ゆっくりと下ったせいか膝の調子もいい、分岐に12時45分順調。六つ石山分岐13時45分ここで少し休憩。
思ったより速いペースで進む。お天気もよく今日は快適なハイキング日和、このあたりまで来ると御前山方面が良く見える。
三木ノ戸山分岐14時45分。ここのところ雨も降っていないのにひどいぬかるみがあり歩きにくいところが続く。
15時には林道に出る。ここまでくればもうついたも同然、ゆっくり歩いているとこのあたりは桜が満開。都心よりも2週間近く遅れている。

      六つ石にて      奥多摩の里桜

15時40分には奥多摩駅到着。電車の時間を確認、まだホリデー快速には30分以上ある。これは餃子でビールでしょう、いつもの餃子屋さんに寄る。
まだ時間が早いせいかすいている。地元の人が親子で飲んでいて話をしていると、もえぎの湯に行くなら火曜だという。火曜はお湯を替え全部掃除をするので一番きれいだという。
そんな話をしながらビールと餃子を楽しみ帰路に着く。なかなかいい一日が過ごせたと満足の日であった。

                                                 <2009年山行一覧に戻る>