2009/4/18  笹子雁ガ腹摺山  S村・F井


2009/4/19 滝子山  M元・T・F井

連休に備えトレーニングにと思い週末のハイキングを考えてメンバーを募ったが、先に日曜の予定が決まってから、土曜ならOKの返事がきてしまう。
2日連続でもいいか、連休に向けたトレーニングだと思い土曜と日曜に連続でハイキングに行くことにする。
最初は滝子山だけを考えていたのだが、二日連続になったので土曜は翌週にと考えていた笹子雁が腹摺山を前倒しで行くことにする。

4月18日土曜日
高尾駅7時20分の小淵沢行きに乗り笹子まで。朝早いのにすごく込んでいる。ほとんどの人は上野原で降りてしまいそこから先はほとんどガラガラ状態。
笹子駅に8時30分に着き国道20号を笹子の旧道まで歩き登山口へ。
笹子で降りた人もいたが、ほとんどは滝子山方面へ行くようで、笹子峠方面に歩いていたのは1人だけ。
この日の天気予報は全国的に晴れ、甲府方面は夏日になると言う予報だったので半そでで出かけたが、朝から肌寒く電車の中で雨具を上に着るくらいであった。
国道から旧道に入ってすぐに出てくる登山道から登る、ここからはひたすらの登りなので雨具を脱ぎ体制を整え歩き出す。
杉の植林の中の道をゆっくりと歩き出す。でだしから中々の急登である。植林帯を抜け自然林の中の道になり、うっすらと架かっていたガスもなくなりまだ芽吹き前の木々の枝の間から空が見え気持ちがいい。
山頂手前の電波等の所で後ろを振り向くと雲を下にして三つ峠と富士山がきれいに見える、そこから一登り10時40分山頂到着。先ほど見えていた富士山が正面に見える。
右手横に雪を頂いた山々が見える。八ヶ岳だ。展望を楽しんでいると今まで見えていなかった南アルプスの山並みがはるかに見えてくる。
以前に来たときは秋口だったので、木々にまだ葉が残っていて展望がなかったが、この山は葉が落ちたときが狙い目か・・・。
ここで展望を楽しみゆっくりと休憩。お昼にするにはまだ早いので、この先の広いところまでいってお昼のしようと歩き出す。
今までは登りが続いたが、ここからは下りと登りを繰り返す気持ちのいい道が続く(でもとっても急坂)。
11時50分米沢山到着。笹子雁が腹摺山の山頂は狭くゆっくり腰をおろして休めるような所ではないが、ここはゆっくり腰をおろして休める広い山頂を持っている、時間もいいのでお昼にする。
この山頂は今の季節だから楽しめる展望がある。木々の間から南アルプスの山並みが眺められる。たぶん聖あたりまで見えているのではないか。
12時30分出発。又登りと下りの続く道である。お坊山13時15分。このあたりに来ると富士や八つの展望はなく小金沢連嶺の山々が見渡せる。
今度機会があれば大菩薩から滝子まで歩いてみたい。お坊山から滝子方面の分岐を分け、大鹿峠方面に下る。大鹿峠13時40分。ここから景徳院へ下る。ほとんど大鹿山の直前まで上り返しそこからの下り。
今までのくだりが急だったのがこの下りは緩やかでとても気持ちがいい。落ち葉のじゅうたんを敷き詰めたようなゆっくりとした下りが続く、武田家終焉の地とされている景徳院に到着。
景徳院の山門脇に天然記念物の桜があり、花が満開の時には見事だろう。ちょうどこの時は桜が終わってしまっていた、東京の桜が終わって一週間後がちょうど見ごろだろう。
ここから国道を歩き甲斐大和駅まで、駅まで来るとホームに電車が入っているのが見える。急げば間に合うがビールの誘惑に勝てず電車を見送り近くのコンビニへ。
戻ってきたときにはやはり電車は出た後。ホームでビールを飲みながら今日の山行を思い返す。
今朝は寒く曇っていてどうなるかと思ったがすばらしい一日が過ごせた。
ここは晩秋から春(芽吹き前)の時期、木々に葉がつく前がねらい目。もし皆さんが行かれるのならこの時期がお勧めだと思う。

                

<2009年山行一覧に戻る>

4月19日日曜日
今日は昨日より1時間遅いスタートになる。高尾駅8時20分発。昨日も込んでいたが今日も込んでいるが、上野原を過ぎるとガラガラ昨日と同じ。
9時20分笹子到着。やはり時間が遅いせいかそれほど人は降りない。笹一酒造の居眠り爺さんロボットの話などをしながら寂ショウ尾根に向かう。途中の稲村神社の桜も終わっていた、幟が立ち神楽殿が開いていたのはお祭りなのだろうか。
寂ショウ尾根の分岐に来ると今までなかったきれいな道標が立っている。寂ショウ尾根に来る人が多くなっているのだろうか。
10時20分鉄塔を過ぎ11時に1060メーター地点に到着ここで休憩。咲き残っている豆桜とツツジが咲いている。ここからしばらくして岩場が出てくる、あと1ヶ月もするとイワカガミの見ごろだろう。
12時30分山頂到着。山頂から富士山が望める、昨日よりは少し霞んでいるが今日もきれいに見えている。
狭い山頂を避け少し下った広いところで休憩、ここでお昼ゆっくりと過ごす。お天気の中ゆっくりのんびりと時間を過ごす。
13時30分出発、山頂からはしばらく急なくだりが男坂と女坂の分岐まで続く、今日は女坂を下る。檜平まで下ってく振り向くと女坂とはいえかなり急な下りだ。
ここは平らに開けた気持ちのいいところ、いつもはここの桜はもう終わってしまっているが今日はちょうど満開、今度この桜の下でお花見が一度してもいいかも。
14時35分水場着。ここから沢沿いに道がついているがもうここまで来ればあと少し。やっと集落まで来る。集落を抜け駅まで舗装道を。
初狩駅15時45分着。駅のちょっと手前の酒屋でビールをと思ったが、日曜で休み。とても残念。
ビールは残念だったが今日もいい一日が過ごせた。