八ヶ岳・赤〜横〜硫黄岳縦走

2010年1月30日〜31日
メンバー=S村、M鍋、N村(L)

--------------------------------------------------------------------------------
●1月30日(土) 晴
茅野10:20=美濃戸口11:14/40−柳川橋の手前(軽トラに便乗)11:50−林道終点・堰堤広場12:10−赤岳鉱泉13:20
--------------------------------------------------------------------------------
 昼前に美濃戸口に降り立ち、ゆっくり準備をして出発。柳川への下り坂を歩いていると、女性2人が目についたか、通りかかった軽トラックが停まったのである。荷台に3+1人のリュックと体を載せ、軽トラはびゅんびゅん雪道を駆け上がり、美濃戸の雪坂も登り、林道を歩く集団を次々に追い抜いた。抜かれざま、「ぎゃあっ!」とおばちゃんが叫んだ。あれはどういう意味?
 今日は宿に着くだけなので、途中の行程を省いても、特にこだわりはないのだった。八ヶ岳は何十回も来たけれど、特になつかしむ思い出があるでもなし、通いなれた練習場(ゲレンデ)へ向かう気分だった。
 林道終点で降りた私たちは、羨望か軽蔑か、意味ありげな多くの視線に迎えられた。業務だよ、仕事で乗ってきたんだ、という顔をすればいいから。
 山で5日間行方不明の人が見つかり、先ほどヘリでピックアップに成功した。捜索に入っていた救助隊のメンバーを運び下ろすための軽トラだった。私たちは雪道の重しになる役割を果たした。業務だったのだ。

                 
         赤岳鉱泉への雪道(1/30-12:32)                         大同心が見えてきた(1/30-12:51)

 昨日まで雪が降っていたのだろう、新雪をまとった山肌と樹林がきれい。そんなのを眺め眺め、やがて大同心と横岳西壁も見えてくる。予想通り1時間ほどで宿(赤岳鉱泉)に着いた。赤岳鉱泉は雪山登山の宿としてはトップクラスの快適な宿だろう。鉱泉なのに風呂はない、とはいえ、ぬくぬくとすごせるのである(どうせなら風呂付きにしてしまえばいいのに)。
 私はこのときのために持参した10mmロープ、約20年前に使っていたアックス2本、青いヘルメットを持ちだして、アイスキャンディ(人工氷壁)を登った。S村さんがつきあってくれた。登った氷はX〜X+という感じだが、20年ものの道具ではやはり難しい(わかっていたのだが)。ついには監視係のご主人に、「これぁトンカチといっしょだ。これじゃあ登れないよ」と断言されるしまつ。でも、新しいギアを買ってまでアイスをやる気持ちは、とりあえずないし・・・。
 とにかく、ここでは何をやってもぬくぬくとして、快適でしかたがないのだった。
        
アイスキャンデーを登ってみる、へたである

--------------------------------------------------------------------------------
●1月31日(日) 晴のち曇、午後小雪と強風
赤岳鉱泉7:00−行者小屋−文三郎尾根(森林限界)8:20/30−赤岳9:35/9:55−地蔵ノ頭少し先10:20?/30?−三叉峰少し先11:35/45−横岳11:55/12:00−硫黄岳12:50/55−赤岳鉱泉14:05/25−美濃戸15:30/40−美濃戸口16:25/32=茅野17:26
--------------------------------------------------------------------------------
 暗いうちに起きて6時に出るべきだったが、小屋の雰囲気のせいか、すっかり緊張感を忘れていた。出発は完全に夜が明けた7時になった。
 行者のテント場で、S村さんはだれか探していたようだが、さすがにテントに残っている人はほとんどいない。M鍋さんのハーネスがねじれているのに気がついて、直すときに、ハーネスとヤッケの色が合わないなどと、私は暴言を吐いてしまう。よく見ると、M鍋さんのは雪山用ヤッケではなくレインウェアだった。次に3000m級の雪山(南八ヶ岳、北・中央・南アルプス)に登るときは、雪山用ヤッケを手に入れたほうがいいだろう。2000m級までならレインウェアもいいけれど。
 行者から20分ほど登り、森林限界へ出る手前で、雪を踏み固めて場所を広げ休憩にした。M鍋さんにロープを結んでもらう。
「雪山では、ここから上ではもうゆっくり休憩できない、というポイントがあります。途中で何かするのは厳しいので、やることがあったら、ここで全部済ませておいたほうがいいです。ここが、そのポイントです。」
 以後しばらく腰を下ろして休憩することはできないので、ウェア調節(完全装備=ヤッケ上下、目出帽、フード調節、手袋)、登攀用具、アイゼン、サングラス、食事、お湯のみ、日焼け対策、などはここでやる。それから、雪山で休憩するときには、滑落したり、装備を落とすことのないように、ピッケルなど使って十分な広さの場所をきちんと作って休憩する。リュックを下ろしたなら、ピッケルをベルトなどに通して雪にしっかり挿し込んで、装備ビレイをする。――こういう基本事項をきちんと教えなくてはいけない。
 文三郎尾根の急登にかかる。左には赤岳西壁が目の前にあり、こんなによく見たのは初めてだったかと思う(天気がまあよい)。登って行くと、若い男性(黒ヤッケ)を追い越し、それから引き離す(私らのほうが弱いと見えるのになぜ!?)。男性は息を乱してきつそうにしていた。
 数メートルほど急な雪面がある。黄色いオーバーブーツの男性があたふたしている。ひもをたくさんぶら下げ、その一つ、つまりスリングをカラビナで鎖に通し、セルフビレイしながら登っているのだった。靴先がよく入る雪だったので、彼にぶつからないように注意しながら、すぐ脇をキックステップ風に登って小尾根を越えた。
 あんな場所で難渋しているのではヤバイ!? 技術をきちんと身につけて登っていないと、本当に雪山はヤバイ。今日はうまくいって登れても、いつか事故を起こすかもしれない。
 トラバースして主稜線に出ると風が強まった。山がよく見える。阿弥陀がかっこよく、権現は雪ひだをまとってすばらしい。ところどころ岩が出ていて、ガリガリさせながら登る。頭上に黒い岩(南峰リッジ最後の岩場)が迫ったところで立場川側に回り込んだ。ここから八ヶ岳で最も事故が多発している一帯に入る。でも、これだけ鎖がベタ張りで、丸々出ていて夏山同様に使えるのだから、よほどのドジを踏まないかぎり墜ちることはないだろう。
 さすがに長い鎖場の連続をこなして、赤岳南峰の頂上に出た。
 休憩の間、ビレイを解いたのは正しくないかもしれない。でも動きづらいので一時解除。「ビレイしていないから、滑落しないように、自分で注意してくださいね」うれしい頂上に着いたのに、私は後ろ向きな、イヤなことばかり言っているなあ。

            
文三郎上部から横岳西面(1/31-8:28)             冬の赤岳に来たのは何年ぶりか(1/31-9:46)

 20分ほどすごして、出発。地蔵側へ下る。
 ショルダーを過ぎるまでは稜線が細い。それから広いガラガラの急斜面。ここはガレ場の夏山よりも、雪のあるほうが歩きやすいかもしれない。
 ロープを結んだ人たちが登ってくる。3〜4組いた。小屋の朝食を食べて普通に出発すると、こういう時間になるのだろう。みなガイドのパーティで、たいがいは1対2、なかには4〜5人引率しているグループもいる。どういうコンテをやっているのかわからない。ガイドに命を預けるのは怖くないだろうか?
     *
 地蔵ノ頭の少し先、風下側に回って休憩した。
 「どうデスか?(疲れてないですか)」とM鍋さんに問うと、「登りはツライ。あとだいじょうぶ」と言った。
 大荷物の一群が下りて来て、「ひゃーっ、あと地蔵下るだけだぞっ!」着くなり吐き捨てるように言った。横岳は彼らにとってきつかったようだ。きっとトレースをつけてくれたのだろう。
 二十三夜峰をぬう登りで少しコースを外してしまい、西壁側の岩場を適当に戻るところでM鍋さんが行き詰まる。ロープを張って強引に越えてもらった。正規ルートに戻るとS村さんが待っている。
 それにしても、転倒すればただではすまない状況がずっと続いている。しかも、けっこうな登りである。不慣れなコンティニュアスで私も余裕はなく、不安いっぱいであろうM鍋さんをリラックスさせる声かけもできやしない。ピッケルをがっちり挿してアンカーをきめるし、鎖、ハシゴ、鉄杭にはめいっぱいつかまる。いつ墜落があっても耐えられるように。
 山は遊びだけれど、ただの遊びじゃない。コンテで失敗したら2人とも滑落してしまうのだ。ふつうの社会的関係で、こうして命をつなぎ合うことなどめったにあることではない。
 きつい急斜面を登り切って、日ノ岳でクライマーが1人、ロープを引き上げるところだった。ガイドさんのようだ。ここは中山尾根の終了点。「カッコいい!」とS村さんが言う。中山尾根は難しくない、少し努力すれば登れるよ、と口には出さず心の中で。行く先にピークが2つ、左が横岳だな・・・と口に出して言うと、「とお〜い」とM鍋さんがつぶやく。ばてているな。
 石尊峰、三叉峰とたどり、下って登り返す途中に完全に風の止む場所があった。チャンスなのでひと息入れる。あとひと登りで山頂のはず・・・。視界が灰色になり寒さがつのる。小雪ぽいものがチラ見えてきて天気は完全に崩れた。でも、全員正常で問題ないようだ。M鍋さんも危険なほどばてているのではない。
 横岳(奥ノ院)到着、12時ちょっと前。横岳の標識にパンダの小さいぬいぐるみをちょこんと挿して、横ぱんだの写真を撮る。M鍋式写真の撮り方が少しわかった。で、すぐ出発。
 ここからの岩稜が一番危険な横岳の核心部のはずであった。でも結果的には、鎖がすべて出ているのでかんたんだった。一連の鎖が終わると小さなルンゼ上部を横断するところがあり、「ここは雪崩だな」と観察しながら通過する。もちろん雪が多かったらという話。雪が多くて鎖が完全に埋まっていたら、この一帯は鋭いスノーエッジになっているかもしれず、今回のように簡単にはいかないだろう。八ヶ岳で積雪量が多くなるのはこれから2〜3月である。
 丸いピーク(台座ノ頭)の左側を巻いて下って行くとどんどん風が強まり、やがて直線的に歩くのが難しいぐらいの強風になった。「ロープ外していいよ」とM鍋さんに言ってビレイを解除。フラつきながら歩きにくいガリガリ道を行き、稜線にへばりついて建っている大ダルミ小屋を過ぎた。登り返しになるとS村M鍋さんの間隔は開きぎみになり、そのあとに距離をとりながらN村が続いた。私もキツかったので、M鍋さんはさぞキツかったことだろう。

                 
       強風の大ダルミ、体が傾く(1/31-12:26)                 ひどい天気の硫黄岳山頂(1/31-12:53)

 硫黄岳到着、13時少し前。長居せずにすぐ下る。何のために登るかわからない天気だが、悪天候の山を経験することもいつか役に立つ。「もう1か所、危険なところがあった」とS村さんが言うが、確かに、転倒したら流れていく斜面があった。「転ばないでね」とM鍋さんに声をかけ、ここも何事もなく通過。ガレっぽい稜線を下り、道標がたくさん建つ鞍部に来て、慎重にルートを探す。90度といえるほどくっきりと左に曲がって、稜線を外れて下るのが、赤岳鉱泉へのルートである。昨日の遭難者はここを直進して迷ったのだろう。
 稜線南側を下るこの急斜面が、何年か前に雪崩遭難のあった場所である。今は雪が少なすぎて、雪崩れるような状態ではない。ビーコンも持参していたが(3台も!)、最終時刻が迫っているのでパス。樹林帯に来ると強風から解放されてほっと一息、またぬくぬくが戻ってきた。
 赤岳鉱泉は、まだ2時だというのにあらかたの人が立ち去ってしまい、夕刻みたいにガランとしていた。私たちも急いで荷物をまとめた。あとは2ピッチ約2時間、がんばるだけ。
付記:帰りに赤岳山荘で買った野沢菜(\500)は量も多く、手作りでしか出ない味でおいしかった。お勧めだけれど、一人暮らしの人には多すぎるかも。