奥多摩・蕎麦粒山 ハイキング

4月4日の日曜日、奥多摩の蕎麦粒山へハイキングに行ってきました。
こんな名前の山があるとは知りませんでしたが、メーリングリストでお誘いがまわってきたので、参加することにしました。
TR田さん、SK口さん、YK山さん、J曳さん、AR川さん、TK内の、総勢6名です。
リーダー不明、登山届なし、2万五千分の一の地図なし、下山ルート未定という、お気軽山行でした。私個人としては防寒具を入れ忘れて…化繊の下着、化繊の半そでポロシャツ、薄手のマイクロフリースに雨具という心もとないいでたちでした。山をなめていたわけではないのですが。

奥多摩駅からバスで川乗橋下車、9時に歩行開始。ほどなく小さな木の道標があり、左の尾根(鳥屋戸尾根)に分け入ります。かなりの急登が続いたあと、笙の岩山を通過。そこから道はゆるやかになりましたがアップダウンの繰り返しです。出会った登山者は一名だけ。わずかに晴れたあとはずっと曇りで肌寒く、今にも降ってきそうでした。J曳さんは「これはハイキングじゃない。日帰り登山だ。」と言いだし、TR田さんは、「この山を希望したのはSK口さんよ。」とつぶやき、YK山さんは「みんなの歩くのが遅いから寒い。」と言って重ね着しています。

12時半にようやく山頂に着きました。頂上の気温は零下です。あわただしく記念写真を取り、下山ルートをどうするか話し合いました。約2名が川乗山経由鳩ノ巣駅へのルートを推奨。約3名が最短ルート、つまり、一杯水から日原へ降りるルートを主張。一杯水コースに決まりました。昼食は一杯水の無人小屋で、ということで下山を急ぎましたが、しゃりばて状態になり、途中のトラバース道であわただしくランチ。一杯水小屋でランチの残りを食べ、ゆっくり休憩しました。

そこからは空もやや明るい感じとなり、気持ちの良い下山道を小走りに歩きました。4時5分過ぎに東日原のバス停着、10分後にバスがあり、奥多摩駅へ。10分後にホリデー快速東京行きが出発となり、餃子屋に向かう2名を残し、4名は車中の人となりました。

あいにくの天気で、のんびりハイキングとは行きませんでしたが、トレーニング山行としてはばっちり。ちょっと不便な所にあるので、なかなか行くチャンスはありませんが、登りごたえのある山でした。


9:00川乗橋 12:30蕎麦粒山山頂 12:45下山開始 1:55一杯水小屋到着 2:25一杯水小屋出発 4:05東日原着