谷川岳登頂
年月日:2010年8月21日
コースタイム
8月21日(土) ロープウェー駐車場8:00 − 天神平8:10 − 熊穴沢小屋9:00 − 肩ノ小屋10:40
− トマの耳11:05 − オキの耳11:36 − 肩ノ小屋12:15 − ザンゲ岩12:41
− 熊穴沢小屋14:00 − 天神平14:45
メンバー:K田 、他1名

8/21 自宅を2時30分に出発し、首都高−外環−関越道を通り、5時15分頃、谷川岳ロープウェーの駐車場に到着した。既に何台かの車が止まっていた。1時間ほど仮眠をとり、仕度をしてロープウェー乗り場に向かうと、バスで来た団体客もいるようで、これから混雑しそうな気配だった。
ロープウェーは直ぐに乗れ、8時10分頃、天神平に到着した。天神平では夜に星の鑑賞会をやっているらしく、案内の看板が出ていた。乗り場から外に出ると、天神平は日が差しているが、谷川岳山頂付近は雲で隠れている。既に、数組のパーティーが登山道を歩いており、自分達も続いて歩き出す。
登山道沿いにはヨツバヒヨドリ、ジョウショウオニアザミなど花が見られたが、時期も終わりのようで、だいぶ萎れていた。登山道には木道が敷かれているが、数年前に来たときより、少し距離が長くなった様に感じた。途中で休憩していた10名位のパーティーを追い越し、鎖場を通過して熊穴沢小屋に着いた。小屋の周辺では15名位の人達が休んでいた。小屋から先は岩場も増え、勾配もきつくなるので慎重に歩いていく。稜線に出て、途中にある天狗の留まり場と思われる場所(実は、違っていた)で少し休憩する。しばらく歩くと、天狗の留まり場という立札が置いてある岩場を発見する。この辺りになると、だいぶ人も増えてきた。その後、熊笹の葉に囲まれた道を抜け、丸太と岩の階段を登っていき、肩ノ小屋に到着。肩ノ小屋には団体の人達等、20名位の人達が休んでいた。登山道脇の岩の上に腰を下ろし、少し休憩して山頂に向かう。11時過ぎに、山頂(トマの耳)に到着。
山頂周辺はガスがかかっており、万太郎山方面の稜線やオキの耳方面も薄っすらと見える。山頂には続々と人が登ってくるので、記念撮影をして早々とオキの耳に向かった。オキの耳に行く途中、戻ってくる人達とのすれ違い渋滞になり、少し時間がかかったがオキの耳に到着。ここまで来ると、万太郎山、仙ノ倉山方面のガスが消えて、稜線が見えるようになった。
しばらく景色を眺めていたいところだったが、混雑していて落ち着かず、直ぐにトマの耳方面に引き返した。
肩ノ小屋まで戻り、小休止してさらに下る。山頂まで登り下ってくる人と、上ってくる人がいるので、スローペースで下っていく。3ヶ月半ぶりの山歩きということもあって、足も痛くなってきた。
14時45分頃、天神平に到着。周辺は晴れていて、谷川岳も良く見えた。
天神平からは、ロープウェーで駐車場まで下り、宝川温泉に向かった。




トマノ耳