倉岳山ハイキング(巨樹を求めて)

2010年5月30日(日)

メンバー:M元・F井・SN(おためしの方)

 新たに入会のお問い合わせの連絡があり、この方を誘ってのおためしハイキングを考えたのですが、こちらの方は都合がつかずキャンセル。もうひとり誘っていた方もだめだったので当初高川山(初めての人なのでかなり簡単な山をチョイス)を考えていたのですが、倉岳山に急遽変更。倉岳山は以前にも2回ほどいったことがあるはずなのですが、ほとんど記憶が定かでなくどんな山だったか思い出せない、確か玉ちゃん(石村さん)が入った頃に行ったと思うが。最近あまり行っていない山なので面白いかも・・・。前回一緒に行ったSNさんを誘うとメールの返事に倉岳山にトチの巨樹があるとのことなので今回はこれをメインの楽しみにすることとする。
 高尾駅8:01発甲府行きで待合わせ。高尾駅についた時にはすでに皆来ている、8:38鳥沢駅着。鳥沢の駅について改札への階段を見てなんだか見た事あるような・・・。改札を抜け駅前に出て気がついたのだが、扇山に来るときにいつも来ている駅だ。最近中央線沿線にハイキングにきていないせいか全く気づかなかった。駅前の広場を抜け甲州街道に出て右に曲がりしばらく国道沿いに歩き民家の横からわき道へ入る。見落としてしまいそうな小さな標識に導かれ道を進むと、見覚えのある景色が出てくる。「この先を右に行くと橋がありその先を登ると貯水池があるはず・・・」、少しづつ記憶がよみがえってくる。

   

貯水池を右に見ながら進み舗装道から分かれ登山道へと入ってゆく、このあたりまで来ると以前来たときの記憶がかなりはっきりよみがえってくる。いま一つお天気がはっきりしないが雨が降らないだけましかな。登山道を登って行き高畑山への分岐を右にわけ進み、しばらくすると沢の右に一本目の栃の巨木がある。立派な看板は出ているが注意をしていないと見落としてしまいそうだ。以前きたときには巨木のことは全く意識していなかったのか見た記憶がない。しばし巨樹を見上げ休憩、今回のハイキングの第一の目的達成。第二の目的の富士の展望だがこれはこの天気では期待できない、晴れていればここ倉岳山は秀麗富岳十二景で富士山がきれいに見えるはずなのだが・・・。

   

 それにしても今日はほかのハイカーにぜんぜん会わない、やっぱりお天気が悪いので中止にしたのかな。穴路峠で休憩をして倉岳山山頂に到着ここでお昼にする。山頂での休憩の間も雨が降っていなくて助かるが、山頂からの展望はまったく無しである。第二の目的の展望を楽しむ、これは最初から無理だと分かっていたがやはり何も見えないのはちょっと残念な気持ちだ。山頂で休憩を終了して出発しようとしているとあとから上ってきた人たちが来る、一電車遅かったのかな。そんなことは気にせずにこちらは出発だ、山頂から立野峠まではダラダラの下りだが峠からは急なつづらおれの急な道がつづいている。ネットで調べたところによるとこの急なくだりを過ぎた先の右斜面に次の目的の栃の巨樹があるらしい。急な下りが終わったところに水場があり(飲用不適と書いてある)そこを過ぎて道の右側を注意していると植林帯の中に栃の巨樹がある。急な斜面を登り巨樹に会いに行く、近くで見るとなかなか迫力のある樹だ。さっき山頂にあとから上がってきた人たちは巨樹など気にもせずにさっさといってしまう。巨樹のことを知らないのかそれとも興味がないのか・・・。

   

 人のことはどうでもいいか、巨樹の記念写真を撮ってまた急斜面を下り、登山道に戻る。これで今日の目的はすべて果たしたので思い残すことは何もない(富士山の展望がなかったのは残念だが)。あとは鳥沢の駅まで下って終わりである。今回は巨樹をみるという目的があったので面白かった、何かテーマ・目的を作っておくと近場のハイキングも一味違ったものになって楽しいものになってくる。
次回も何かテーマを決めてハイキングの企画を考えてもいいのかな・・・。
(報告:F井)