谷川岳  今シーズン最後の雪山

2011年4月16日(前夜発)~17日

メンバー:S村・A山・M元・M鍋・T田・F井

コースタイム:16日午後4時高田馬場集合 M元車A山車に分乗し土合駅を目指す。土合駅にて泊る。
17日7:00起床 8:00出発 8:50ロープウェイ乗車 天神平出発9:15 10:15熊穴沢非難小屋 11:45谷川岳(トマノ耳)到着 12:00肩の小屋にて昼食 12:30出発 13:50天神平ロープウェイ駅着 14:15みなかみ町ふれあい交流館にてお風呂 関越にて帰路に着く

今年はもう雪山山行はいけないだろうと思っていたところ、S村さんたちが谷川に行くというので便乗させてもらう。前夜発(高田馬場4時集合)で土合駅にて泊まり翌日に天神平から谷川岳トマノ耳を往復というコース。
高田馬場で集合し一路関越で水上を目指す。土曜の夕方下り線はすいている、途中のサービスエリアで夕食を済ませ土合駅を目指し車を走らせる。ロープウェイ駅の状況を見ると車は入れるが建物の中には入れない様子。先行していたS村さんたちが谷川の登山指導所を見に行ったが、すでに先客でいっぱいとのこと土合駅でとまることにして駅まで引き返す。駅に行ってみるとこちらもいっぱい、待合室の中にロッジテントを立てているグループもいる。待合室でも何とか寝られるが改札の中に入って寝ることにする。土合駅で泊まるのははじめてだがこんなに混んでいるとは思わずいささかびっくり。
寝場所を確保したところで明日の天気を願ってみんなで乾杯。明日のロープウェイ始発に間に合うように9時には寝ることにする。

土合ー1 土合駅ー2

17日 快晴
7時に起きテントを撤収して準備にかかる。あまり緊張感がなく準備をしていたせいか駅を出発したのが8時になってしまった。ロープウェイ駅に行くと登山者やスキーヤー・ボーダーで結構混んでいる、ロープウェイの切符を買うのに時間がかかった上に節電運行で天神平までの所要時間が20分とかかってしまう。
天神平ー1

少し出発が遅くなったが9:15には天神平駅を出発できた。ロープウェイ駅の外には登山者がいっぱい準備をしている。
ゲレンデ脇の急登を上っているとスノーシューで苦労をしている人がいる。この急なのぼりにスノーシューはかなり厳しいのではないか、キックステップで階段状になったところは上りにくいのか人の歩いた後の少ないところを選んで登っている。歩き出しの急登はこたえる、ここで小休止。まだ展望というほど登っていないが今日は天気がよくきっと頂上からの展望はすばらしいだろう頂上めざし出発。途中に一箇所岩場を巻くところで岩についた雪が凍り渋滞を起こしている、山スキーの人たちはスキー靴でかなり厳しそうだ。
熊穴沢小屋
10:15熊穴沢非難小屋到着 屋根の上まで雪の中で鉄柱が出ていなければ判らずに通りすぎてしまいそうだ。ここで念のためアイゼン装着をしてゆく。あと一がんばりでトマノ耳だ、しばらくはゆるいのぼりが続いていたがだんだんと急になってくる。お天気がいいので急登を登っていると体は暑いが、風が体温を奪ってゆきいい具合に温度調節をしてくれ。右手にザンゲ岩が見えてくる、ここまで来れば肩の小屋はもうすぐのはずだ。急な登りを登りきると目の前に肩の小屋現れる。すでにトマノ耳まですでに行ってきたパーティーが小屋のそばに腰を下ろし休んでいる。あとひとがんばりだ、頂上は見えている。

天神平-3 天神平ー4 天神平ー5
11:45 谷川岳トマノ耳到着。 頂上はにぎわっている、快晴ですばらしく晴れ渡った空の下360度の展望だ。山頂の方位版で周囲の山を確認、東の方には上州武尊・燧・至仏、西の方には苗場山そしてはるか遠くには北アルプスの山並みが見える。展望を楽しみ記念写真を撮り方の小屋まで下りお昼にする。
12:00 肩の小屋を風をよけにしてお昼休憩、下からはまだまだ登ってくる人が続いている。
12:30 肩の小屋出発。登りの時は感じなかったがここからのくだりはかなり急なくだりで緊張する。しっかりと雪を捉えながら慎重に下る、足を滑らすことはないと思うが滑ったら下まで止まらないかもしれないくらい急だ。急なくだりを過ぎ緩やかなアップダウンを歩いているとまるでハイキングに来ているように快適だ。来るときには凍り付いていた岩場の氷も溶け問題なく通過。

天神平ー6 天神平ー7


13:50天神平ロープエェイ駅到着。お天気に恵まれ順調に帰ってこられた、ロープウェイ最終の4:30まで帰ってこられると思っていたが予定以上に早く駅に着いた。
ロープウェイで下まで荷物を整理して車に乗り込む。行きに寺田さんがロープウェイの下に蕗の薹が出ているのを見つけていてこれを取りに駅のすぐ下に車を止める。道路わきの土手には蕗の薹がたくさん目を出している。しばらくは早めの山菜取り10分ほどでかなりの収穫があった、お土産はできたので水上の温泉に向かう。今回は水上の街中にある町営の温泉を目指す、「みなかみ町ふれあい交流館」現在節電中ということで400円と割引中、温泉でゆっくりして一路関越にて東京を目指す。
皆さんお疲れ様、車を出していただいたA山さん・M元さんありがとうございました。
今回はお天気にも恵まれすばらしい山行でした、またの機会を楽しみにしています。

F井