川苔山-雪山登山

2012年3月3日(土)
天気:曇、晴れ間あり
メンバー=N村単独

奥多摩で、雪山入門の山をさがしていた。いくつか候補が考えられたが、川苔山が適当なような気がして、それを確かめるために登ってきた。  コースは、川乗橋から川苔谷をさかのぼり、百尋の滝から尾根に取り付く。川苔谷の岨道(=急斜面を横巻いて行く道)は雪がつくと恐い。滑ったら最低でも大ケガである。
2時間ほどで百尋の滝に着いた。時間がかかっているのは、写真を撮っているのと、体調が悪いのと、恐がっているから。急いで歩いたらここは危ない。優美な滝を写真に収め、いよいよ事故多発地帯にかかる。小ピークの西~南面を巻き登るのだが、足元は完全な断崖絶壁というところがあった。工事用ロープがフィックスされた急斜面のトラバースを行くと、すぐに悪場は終わった。しかし恐かった。恐がりすぎかもしれない。
川苔山北面は完全に雪山だった。トレースがなかったら、地図読みでここを行くのは難しいだろう。降雪直後ならカンジキを履いても不自然ではない。稜線に出ると雰囲気が急に変わった。強風を受けた木々に霧氷がついてキラキラしている。10分ほど進んだ頂上は、雲が出て展望はあまりよくなかった。しかし、登りきったという雰囲気に満ちた頂上だった。
老人と、中高年と、若者が来ていた。  登山ブームである。バスも満員だったし、冬でも奥多摩は人気があるのだ。  南面へ出て鳩ノ巣方面の下山道を行くと、すぐに雪は薄くなり土混じりになってしまう。
間伐造林が進められている入川谷源流の森を抜けると、対岸の尾根にある巨大砕石工事現場から異様な物音が響いてくる。真新しい林道に出ると、見覚えのある大根の山の神があった。顔が消えかかった石像に享保十三年とある。1728年、徳川吉宗の時代である。
小一日、気持ちよく雪山を歩いた。一人の山もなかなか悪くない。

【記録】 奥多摩(バス)川乗橋9:00-細倉橋10:00-百尋の滝11:00-足毛岩分岐12:00-稜線13:00-川苔山13:20~14:00-大根の山の神15:30~16:00-鳩ノ巣16:40

(注) 時間が多めなのは、写真をたくさん撮りながら歩いているから。近ごろこういう行動パターンなので、一般の山仲間と歩くのはなかなかやりにくいかも。

葉っぱについた雪   川乗山頂付近で  大根ノ山ノ神